パイナップルとパッションフルーツのマーマレードのレシピ



皆様こんにちは、こんばんは。
最近、台風が週末ばかりにきている気がしますがバカンス気分で日本に来るのは止めていただきたいものですね。

さて本日は、
『パイナップルとパッションフルーツのマーマレード』
のレシピをご紹介します。

いかにも夏っぽいアイテムですが、
この記事を書いているのが9月末だという事実に我ながらびっくりです。

とはいえ、パイナップルもパッションフルーツも輸入物がまだまだ入ってきますので、
気が向いたらぜひ作ってみてください。

では始めていきましょう。

パイナップルとパッションフルーツのマーマレードのレシピ

  • 600g  パイナップル
  • 3個分   パッションフルーツ
  • 150g  水
  • 100g  グラニュー糖
  • 1/2本  バニラビーンズ
  • 15g   レモン汁
  • 45g   ホワイトバルサミコ酢

※パイナップルは約1個分。

※ホワイトバルサミコ酢は白ワインビネガーで代用可。
無ければレモン汁を増やしても良い。

 作り方

①パイナップルの皮を剥き、小さめ(7~8mm)のダイスカットにする。
ボウルなどにパイナップル、水、バニラビーンズ、レモン汁、ホワイトバルサミコ酢を合わせておく。

②鍋にグラニュー糖と少量の水(分量外)を入れて火にかけて薄めのキャラメルを作る。

③キャラメルの色は↓この画像ぐらい。
色づけ過ぎると苦くなるので注意。

④キャラメルができたらそこに❶で合わせておいたパイナップルなどを全て加える。
画像のように軽く沸き立っているぐらいの火加減で水分がほぼ無くなるまで煮込む。

⑤パイナップルを煮込んでいる間にパッションフルーツを半割にしてスプーンなどを使用し中身を全て取り出しておく。
今回はパッションフルーツの酸味と香りをアクセントにするために一気に煮込まず、
仕上げの直前に軽く煮込むだけにする。

⑥煮込んでいたパイナップルの水分がほぼ無くなったらパッションフルーツを加える。
軽く混ぜながら約5~10分ほど再び水分が無くなるまで火にかけ続ける。

⑦水分がほぼ無くなったら完成。
急冷して冷蔵庫で保存し1週間ほどを目安に使い切る。
今回のマーマレードは煮込み時間を短くしてフレッシュ感を残しているので日持ちはあまりしない。

仕上げにお好みでミントの千切りなどを加えても美味しい。
煮込む際にスターアニスや白胡椒を加えてもまた面白い風味になる。



おわりに

では最後に今回のレシピのポイントをお伝えします。

今回はただ単に砂糖で煮込むのではなく、
キャラメルとビネガーを少し加えて煮込んでいますが、
これは水分の多いフルーツを単純に煮込むと味に深みが出ないためです。

しっかりと味を濃くしたければジャムのように砂糖をたっぷり入れることになるのですが、
そうするとレストランデザートに使うには少し甘すぎます。

なので今回はエキゾチックフルーツと相性の良いキャラメルに加えて、
味に深みを出してくれるビネガーを使い仕上げてみました。
マンゴーやキウイなども同様に水分の多いエキゾチックフルーツをマーマレードに仕立てる時に
ビネガーを少し足すと味に複雑味がでるのでおすすめです。
その際にもしあればマンゴービネガーなどを使うといいですね。

今回のマーマレードは、
マンゴープリンやバニラムース、色々なアイスクリームやシャーベット、
クリームチーズを使ったケーキやムースなどなど、
色々なものに合わせて使ってみてください。

以前ブログで紹介したレシピで、
今回のマーマレードと相性の良いものをまとめておきましたので、
ぜひ合わせてお読みいただければと思います。

バジルとヨーグルトのシャーベット

24/04/2019

マンゴープリン、キウイのマーマレード添え

22/04/2019

バニラアイスクリームとバナナのアイスクリーム

03/11/2017

余ったミントの活用術『ミントのジュレ』

15/08/2017

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ