バニラアイスクリームとバナナのアイスクリーム



皆様こんにちは。こんばんは。
少し前に久しぶりにお高いフランス料理を食べに行きましたが、
良い料理を食べれば食べるほど自信を無くして死にたくなるメンヘラ系料理人です。
こんにちは。

さて本日はこんな寒い時期ではありますがアイスクリームのレシピをご紹介します。

以前にシャーベットやグラニテ(氷菓)のレシピはいくつか紹介させていただきましたが、
そういえばアイスクリームは一個もねーじゃんと気付いたので
いっちょやってみっかというわけで今日やっちゃいます。

今日はバナナのアイスクリームですがベースの作り方は普通のバニラアイスと同じなので
オーソドックスなバニラアイスのレシピも一緒に載せておきます。

なので『ワイ、バナナ喰えまへんねん』という方はバニラアイスをお試しください。

では早速始めていきましょう。

バナナのアイスクリームのレシピ

  • バナナ       100g
  • 卵黄        1個(20g)
  • グラニュー糖    30g
  • 牛乳        170g
  • 生クリーム     30g
  • バニラビーンズ   1/4本
  • ラム酒       適量

※バニラビーンズはペーストやエクストラクトで代用可。

バニラアイスのレシピ

  • 牛乳        500g
  • 生クリーム     100g
  • 卵黄        6個(120g)
  • グラニュー糖    110g
  • バニラビーンズ   1本

※牛乳と生クリームの分量を300gずつにすると
より濃厚でリッチな味わいのバニラアイスを作ることができる。

バナナのアイスクリームの作り方

①まずバナナを適当な大きさにカットして
軽く全体にかかるぐらいのラム酒とグラニュー糖(分量外)を振りかける。
注)写真は3倍量。

②軽くラップをして電子レンジで2~3分加熱する。
フォークで潰せるぐらいの固さになればOK。

③ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れて白っぽくなるまでよく混ぜ合わせる。

④鍋に牛乳と生クリーム、バニラビーンズを入れて一旦沸かす。

⑤③のボウルに沸かした④を混ぜながら加える。

⑥鍋に戻して弱火にかけ、82℃までよく混ぜながら温める。
※手の本数が足りなかったのでこの写真を撮る間ゴムベラを置いているが、絶えず混ぜながら温めること。

⑦82℃になったらシノワで濾して、
温かいうちに先程加熱したバナナを加えてバーミックス等で攪拌する。

ミキサーが無ければ泡立て器等で混ぜるだけでもいいが滑らかさは多少失われる。

⑧急冷してお好みでラム酒を加えてアイスクリームマシンにかける。

無い場合は前回のシャーベットの回で紹介したフードプロセッサーを使う方法を推奨
↓  ↓  ↓
ココをクリック(´・ω・`)★

⑨完成。ウマー。

使用例。
バナナのアイスクリームとキャラメリゼ、ソースショコラ、
ナッツのヌガティーヌ、サルナシ(ベビーキウイ)を合わせた一皿です。



終わりに

いかがでしたか?
バニラアイスを作る場合は上記の作り方からバナナを抜くだけです。

シャーベットの回でもお伝えした通り、
アイスクリームマシンもフードプロセッサーもない場合は
ガチガチに固くなって全く美味しくならないので
どちらかは用意してもらうことをお勧めします。

もしくは諦めてハーゲン〇ッツを買うかですね。笑

基本のバニラアイスが作れれば、あとはバナナの代わりにラムレーズンを入れたり、
砕いたチョコクッキーを加えたりと色々なアレンジができますので是非お試しください。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ