たこ焼き ~真蛸のソテーと煮汁のクレープ 紫マスタード添え~




皆様こんばんは。こんにちは。おはようございます。いってらっしゃい。

本日は蛸を使った一皿をご紹介します。
料理タイトルは『たこ焼き』ですが決して丸いアレではなく、
アレの味のイメージをフランス料理で表現してみた感じのアレです。

馴染みのある料理を再構築して
フランス料理に仕立てるというのは
インパクトもあり、喜んでいただけることが多いですね。

他にも酢豚やホイコーロー、フィッシュ&チップスなどなど・・・

毎月色々な国の料理を再構築し、メニューに取り入れています。

では前置きが長すぎるのもアレなので早速アレしていきます。

たこ焼きの材料

【煮ダコ】

  • 1匹   生の真蛸(無ければ茹ででも可)
  • 適量   セロリの葉等の香味野菜、粒黒胡椒、にんにく

【タコの煮汁のクレープ】

  • 250g   薄力粉
  • 500ml  煮詰めた蛸の煮汁
  • 40g    焦がしバター
  • 180g   全卵
  • 適量     塩
  • 2束     シブレット

【ソースマヨネーズ】

  • 1個     卵黄
  • 15g    ディジョンマスタード
  • 10g    シェリーヴィネガー
  • 2つまみ   塩
  • 150g~  サラダ油

【仕上げ用】

  • 紫マスタード
  • デュカ
  • エスペレット唐辛子

煮ダコを仕込む

塩でぬめりをとったタコをしっかりと浸るぐらいのお湯にいれて、
香味野菜や胡椒も加えて極弱火で柔らかくなるまで煮ていく。

茹でダコを使う場合はぬめり取りは必要ないので
そのまま煮込む。

柔らかくなったら煮汁ごと冷ます。

冷めたら一旦蛸は取り出しておいて、
煮汁をシノワで濾して500mlになるまで煮詰めて急冷する。

タコの煮汁のクレープを仕込む

薄力粉と塩をボウルに入れ、
溶いた卵と煮汁を加えてダマが残らないように
しっかりと混ぜたら冷蔵庫で3時間以上寝かせる。

焼く直前に焦がしバターと刻んだシブレットを加える。

焦がしバターは必ず粗熱を取ってから加える。
(冷えて固まってしまっては駄目なので、
あくまでも粗熱をとるだけ。)

テフロン加工されたフライパンでクレープを厚め(2mm程)に焼く。

片面にいい具合に焼き色がついたら
ひっくり返して、反対側は数秒だけ焼けばOK。

適当な大きさにカットしたタコをフライパンでソテーする。
しっかりと高温のフライパンで焼き色を付けてあげた方が
タコの香りが出て美味しい。

タコをお好みの大きさにカットしたクレープで包む。

紫マスタードとソースマヨネーズを添え、
お好みでデュカとエスペレット唐辛子を散らせば完成。

ソースマヨネーズの作り方

ソースマヨネーズの作り方は下のリンクを参照。

↓    ↓    ↓    ↓

フランス料理の簡単なソース

 

終わりに

この料理は予め用意さえしておけば
組み立ての工程自体は楽なので使いやすいと思います。

使う食材は完全に西洋ですが
味わいはお馴染みのあのたこ焼きを連想させてくれる、
親しみやすい味なのでバールやビストロなど、
カジュアルなお店の一品としてもおすすめです。

真蛸は値段がそれなりにするので
イカを使って『イカ焼き』でもいいかもしれませんね。

紫マスタードの味がお好み焼きソースを思わせてくれる味なので、
馴染みがない食材かと思いますがこれは必ず用意しましょう。
是非一度お試しください。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ