kindle unlimitedで読めるおすすめの料理本

皆様こんにちは、こんばんは。
いまチイタケっていう小さい原木椎茸を使っているのですが、発注の入力をするたびに予測変換に『地井武男』って出すのやめてほしいです。

さて本日は、
『kindle unlimitedで読めるおすすめの料理本』
をご紹介します。

Kindle UnlimitedはAmazonが提供する電子書籍サービスで、月額980円で対象の本が読み放題になるというサービスです。
最近私はパンやお菓子の勉強をしていて、それで色々な料理本を探していたのですが、その時にこのKindle Unlimitedを見つけてドハマりしたのでこんな記事を作ってみました。

対象の本の多くは漫画や文庫本などなのですが、実は料理本もぼちぼちあります。

なので読み放題の対象に入っている料理本を片っ端から読み漁ったこの私が特におすすめのものを紹介させていただきます。

このサービスはお試し期間もありますし、普通に本を買うよりも圧倒的にお得なので、もし読みたい本がありましたらぜひ見てみてください。

おすすめの料理の本

アラン・デュカスのナチュールレシピ

フランス料理界の巨匠であるアラン・デュカス氏のレシピ本で自家製のコンディマン(調味料)やソース、魚、肉料理、デザートなど様々な種類のレシピが200種類ほど掲載されています。

なかなか普通の人では手に入りにくい食材を使っていたり、解説も簡潔にまとめられているので一般の方よりもどちらかというとプロ向けの本ですね。

基本的にはシンプル寄りなレシピが多いですが、食材の組み合わせや香りの使い方などにアラン・デュカス氏のエスプリが見られるので非常に勉強になる一冊です。
最後に食材別のインデックスも載っているので、何か特定の食材の新しい使い道を探す時などに重宝しそうです。

ビストロ流ベーシック・レシピ

ローストビーフやハンバーグ、クラムチャウダー、ピラフなどなど本当にゴリゴリのクラシックビストロのメニューを詳しく紹介してくれている本です。

シンプルな料理をどうやって美味しく作るかがわかりやすく解説されているので、どちらかというと一般の方向けの本ですが、若手の料理人の方が読んでもきっと面白いと思います。
意外とこういったシンプルな料理を教わる機会もないので、賄いなどで試してみるのもありですね。

料理人という生き方

かつては異端児と呼ばれていたフランス料理界のレジェンド道野正シェフの料理人人生を自由な形で綴ったエッセイです。

料理のレシピが詳しく載っているような本ではなく、道野シェフの料理の意図や考えが写真と共に書かれているだけですが、きっと料理人の方にはとても興味深い内容ばかりだと思います。

個人的にはちょくちょくある道野シェフ手書きの料理の構造を書き表した図が、シェフの頭の中をのぞいているようで好きでした。

ザ・シェフ

おまけです。笑
ちなみに私は全巻持っています。(ドヤ顔)

おすすめのお菓子の本

本当においしい生地の教科書

基本的なお菓子の生地の作り方がかなり丁寧に、わかりやすく解説されている本です。

工程ひとつひとつのポイントや混ぜ方などの理由もしっかりと書いてあるので専門学生やこれからお菓子の勉強を始める方にはぴったりだと思います。

お菓子生地づくりに困ったら読む本

お菓子の生地づくりにおける様々なロジックをQ&A形式で非常にわかりやすく学べます。
『なぜメレンゲにグラニュー糖をわけて加えるのか?』
『パウンドケーキに途中で切り目を入れるのはなぜ?』
などの基本的なことから、もっと専門的なことまで生地に関する知識をつけるにはうってつけです。

おわりに

今回は私が面白いと思った本だけをピックアップして紹介させていただきましたが、他にもオレンジページやワイン王国のバックナンバーなど、料理関連の本はまだまだたくさんありますのでぜひ色々探してみてください。

あとザ・シェフは絶対に読みましょう。(ゴリ押し)

kindle unlimitedは下のリンクからどうぞ。↓

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ