うすいえんどう豆のピュレ



皆様こんにちは、こんばんは。
自分のパソコンでBlu-rayが見れるのかわからないんですけど、
これって確認する方法ありますか?

さて本日は、
『うすいえんどう豆のピュレ』
の作り方をご紹介します。

工程自体はとてもシンプルでここで紹介するまでもないのですが、
えんどう豆の皮を使って香りを引き出す方法が意外と知られていない
ということを知り、いっちょやってみっか(GKU)となったわけです。

今回の皮を使う技法は他の食材でも応用がききますので、
是非覚えていってください。

では早速始めていきましょう。

うすいえんどう豆のピュレのレシピ

  • 300g  うすいえんどう豆(皮付)
  • 30g   玉葱
  • 400g  ブイヨン
  • 適量    塩、サラダ油

※冷凍のグリーンピースを使って作る場合は150g使用する。

※サラダ油の代わりにバターを使うと風味がよくなるが、
冷製料理には向かなくなるので用途に合わせて使うオイルを選ぼう。

※ブイヨンは顆粒、又は水や貝のジュなどで代用可。

作り方

①うすいえんどう豆の皮を剥いて豆と皮を分けておく。
ちなみに今回の豆だけの重量は約160g。

②鍋にスライスした玉葱とサラダ油を入れて色づけないように弱火で炒める。
炒め終わりの目安は食べたときに
シャキシャキ感が無く甘みを感じるぐらいになっていればOK。

③玉葱を炒めている間に別鍋にブイヨンを別鍋で沸かし、
そこに先程とっておいた皮を入れて5分ほど煮たてて香りを移す。

④ブイヨンを5分煮出したら濾して玉葱を炒めていた鍋に注ぐ。

⑤再度沸かしてそこに豆を加えて8分間加熱する。
そしてブイヨンごと全てミキサーにかけたら完成。

⑥色が変わりやすいのでミキサーにかけたらすぐに急冷する。
冷蔵庫で2日ほど保存可。

そのままピュレとして使ってもいいし、
牛乳や生クリームで伸ばすとスープにもなる。
傷みやすいのでなるべく食べる分だけを作り、
余ったら多少色は悪くなるが冷凍で保存する。



おわりに

今回の皮を煮出す技法は、
他にもアスパラガスの皮やとうもろこしの芯などでも応用できます。
お金をかけずに風味を増強できるのでやらない手はないですね。

とうもろこしのピュレの作り方のリンクも貼っておきますので
ぜひ合わせてお読みください。

とうもろこしの冷製ポタージュスープ

12/07/2017

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ