無花果(いちじく)のコンポート



皆様こんにちは。こんばんは。
随分とお久しぶりになってしまいましたが私は生きております。

仕事でもプライベートでも何かとやることがありまして、
脳内がマルチタスク化されていない私はブログまで手が回らず
更新をお休みさせて頂いておりました。

そしてそれらのやることも落ち着き、
また暇な日常が帰ってきましたので
これからはまた少しずつですが更新していこうと思います。
改めましてフランス料理ロドゥラを宜しくお願い致します。

さてさて早速本題へと移りますが、
本日作るのは無花果のコンポートです。

無花果は個体によって味のバラツキが多く、
保存に関しても少々難しいフルーツです。

こういったわがままっ子のフルーツはやはり
コンポートにするのが一番だと思います。

コンポートは簡単に言うとシロップ煮みたいな感じですね。

加熱するので保存にも向いていますし、シロップに漬けるので
あまり糖度の高くないフルーツでも美味しく食べられます。

加熱時間を調節したら固めの物も柔らかくして食べれますし
アレンジしやすく、さらには美味しい無敵の調理法(※個人的な感想)です。

では早速作っていきましょう。

無花果(いちじく)のコンポートのレシピ

  • 6~8個    無花果
  • 400cc   赤ワイン
  • 100cc   水
  • 250g    グラニュー糖
  • 半個分     オレンジの皮

※お好みでシナモンスティックを使っても美味しい。

無花果(いちじく)のコンポートの作り方

①まずはコンポートのシロップを作る。
無花果以外を鍋に入れて沸かし、グラニュー糖を溶かし
さらにアルコールを飛ばす。

②無花果と、①のシロップを真空パックにする。

※無花果は丸ごとか半割りかお好みで。
半割りの方がシロップが染み込みやすいが崩れやすいので注意。

※真空パックが無い場合の作り方も最後に記載しておきます。

③90℃の湯煎で10分~加熱する。

④固さを確かめて好みの固さになるまで加熱する。

目安は完熟で8~10分。

未熟なものだと20分ぐらい。

⑤そのまま常温に戻るまで放置し、常温になったら冷蔵庫で一晩冷やす。

⑥完成。ウマー。

皮の固さが気になる場合は先に剥いてから調理してもいいと思います。
アイスクリームやソースアングレーズなどを添えてどうぞ。


真空パックが無い場合の調理法

上記の方法は、真空パックとウォーターバス(湯煎機)がある前提での調理法ですが、
普通のご家庭にはないと思いますので、鍋で作る場合はどうすればいいのかを綴っていきます。

まずコンポート液のレシピは同じですが、鍋で作る場合は
無花果がコンポート液にしっかりと浸っている状態で
調理する必要があるため倍量で仕込んでおきます。

コンポート液ができたら、そのまま無花果を入れて落し蓋をし、
沸騰直前の状態を保ち煮込んでいきます。

湯煎で作るよりも無花果が崩れやすいので火加減と火入れ時間に気を付けましょう。

好みの固さまで煮込んだら、そのまま火を止めて常温に戻るまで放置します。

この時点で少し火を入れすぎたかな?となったら、これ以上火が入らない様に
氷水にあてて急冷してください。
これは湯煎の時も同様ですね。

終わりに

今回は王道中の王道の無花果のコンポートを作りましたがいかがでしたか?

同じレシピで無花果を刻んで加え、水分が飛ぶまでしっかりと煮詰めれば
無花果と赤ワインのマーマレードが作れたりもします。

冒頭でも触れましたが、無花果は保存が難しいので
このようにコンポートやマーマレードにすれば傷むことに怯えずに食べれますね。

ちなみに当店では、この無花果のコンポートに、蜂蜜のアイスクリームと
マスカルポーネチーズのムース、カカオとカフェのクランブルを添えて提供しています。

無花果を使ったお肉のソースのレシピも公開しています。
是非そちらもご覧ください。
ココをクリック→(´・ω・`)★

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ