チョコレートのクランブルのレシピ



皆様こんにちは、こんばんは。
今日はライフハックをひとつ。
プリッツを水で洗ってテンパリングしたチョコに浸けると
ポッキーになりますよ。やったことないですけど。

さて本日は、
『チョコレートのクランブルのレシピ』
をご紹介します。

主にデザートのアクセント用なのですが、
甘さは少し控えめにしてあるので
フォアグラや鳩などの血の香りがある料理に合わせたりもできます。
他にもコーヒーの粉を少し加えて風味付けしたり、
アレンジもできる意外と便利なヤツなのでぜひ覚えていってください。

では早速始めていきましょう。

チョコレートのクランブルのレシピ

  • 180g  薄力粉
  • 110g  バター
  • 110g  粉糖
  • 110g  アーモンドプードル
  • 45g   ココアパウダー
  • 適量    塩

※塩はお好みで入れても入れなくても良い。

作り方

①バターは角切りにしてよく冷やしておく。
フードプロセッサーに全ての材料を入れて攪拌する。

②しっかり混ざり、ポロポロとした状態になったら止める。
卵や水分が入っていないため練りすぎる心配はない。
しっかり混ぜ合わせよう。

③シルパットかクッキングシートを敷いた天板に散らして、
150℃のオーブンで15分ほど焼く。
パウダーのまま焼いても良いし、
塊にしたければ手でしっかりとまとめてやればクランブル状にもできる。

④粗熱が取れたら完成。
乾燥剤と共にタッパーなどに入れて常温で約1週間ほど保存可能。

写真のように土に見立ててチョコレートなどを盛り付けたり飾り用にも使える。
トリュフショコラなどを本物のトリュフに見立ててプレゼンしたりできる。



おわりに

今回は非常にシンプルで作るのも簡単なレシピですが、
アレンジしやすく色々な料理やデザートに使えます。

先程も書いた通りエスプレッソ用のコーヒーの粉を入れて、
風味づけたりして使うのもおすすめですね。

デザートに使うならベリー系、柑橘系、ミルク系と幅広く使えます。
料理ならフォアグラなどのレバー系にぜひあわせてみてください。
フォアグラだと塩、コーヒーを加えて使うと複雑味が増してより良いと思います。

最後にこのチョコレートのクランブルと相性の良いレシピを紹介します。
よろしければ合わせてご覧ください。↓

無花果(いちじく)のコンポート

11/10/2018

バニラアイスクリームとバナナのアイスクリーム

03/11/2017

イチゴのポタージュスープ【冷凍イチゴを活用!】

19/01/2019

プロ向けレシピ『黒トリュフのアイスクリーム』

08/12/2018

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ