リーフ型のチュイルのレシピ



皆様こんにちは、こんばんは。
税務署からの封書と運転中のパトカーって、別に何もしていなくてもなんとなく怖いですよね。

さて本日は、
『リーフ型のチュイルのレシピ』
をご紹介します。

このチュイルは専用の型がいりますが、見た目のインパクトがあり、色々なレストランのアミューズや前菜に使われているのを見たことがある方も多いかもしれません。
リーフ型という名前で紹介していますが、今回の生地は使う型の種類は問わず、何なら型を使わずともシンプルなチュイルを作ることができます。

そのままプレーンで使ってもいいですし、スパイスを加えたり野菜のパウダーなどで色や風味を付けたりもできる便利なレシピなのでぜひ覚えていってください。

では始めていきましょう。

リーフ型のチュイルのレシピ

  • 25g 発酵バター
  • 40g 薄力粉
  • 50g 卵白
  • 適量  塩

※発酵バターでなく普通のバターでも問題ないが、発酵バターの方が香りが良いのでおすすめ。

※使用した型はこちら。↓

YouTube動画

只今準備中…

作り方

①発酵バターをボウルに入れて常温に戻し、ポマード状にする。

②塩ひとつまみと、ふるった薄力粉を加えて混ぜる。
もし有塩バターを使う場合は塩は加えなくて良い。

③発酵バターと薄力粉が混ざり、そぼろ状になったらよく溶いた卵白を加えてしっかり混ぜる。

④白っぽく滑らかな状態になったらOK。
スパイスなどを加える場合はこの時点で加える。

⑤リーフ型に流し、余分な生地をパレットナイフなどで取り除く。

⑥150℃のオーブンで10分ほど焼く。

⑦軽く色付いたら取り出して型から外す。

⑧完成。冷めたら乾燥剤と一緒にタッパーなどの密閉容器で保存する。
写真手前がパプリカパウダー入り、奥がマッシュルームパウダー入り。
合わせる料理に応じてアレンジができる。

マッシュルームのパウダーのレシピ

26/09/2020

おわりに

今回はとっても簡単なレシピでしたが非常に汎用性が高いので、なんらかの役に立てば幸いです。

アレンジの例ですが、先ほども挙げたようにスパイス類、カレー粉やパプリカパウダーなどで香り付けするのがおすすめです。
またビーツのパウダーで色付けて紅葉を表現したりするとおしゃれでいいですね。

味も非常にシンプルなので胡麻などでアレンジして和食の彩りにも使えそうですね。
ぜひ色々お試しください。

また当ブログでは他にも様々なチュイルを紹介しています。
こちらも合わせてご覧ください。↓

焼き茄子のチュイルのレシピ

22/10/2020

玉葱のチュイルのレシピ【アミューズ、フィンガーフード用】

26/09/2019

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
美味しいカヌレ完全ガイド
プロの為のフォン・ド・ヴォライユ講座
なぜシェフなのに副業をするのか