フレンチシェフが使うオススメのフランス産発酵バター

皆様こんにちは、こんばんは。
メリークリスマシタ。
(クリスマスの過去形。来年流行る予定)

今回は発酵バターについてです。

私はフレンチレストランでシェフをしているので、
常に色々なバターに触れる機会があるのですが
その中で本当に
美味しい!使いやすい!大好き!
というドリカムじみた感想を抱いたバターたちを紹介します。

フランスの発酵バターは数多くありますので、
選ぶ際の参考になれば幸いです。

では早速バターたちを
お勧めの使い方と合わせて紹介していきます。

使い勝手が良い
ノルマンディー産・イズニー

まずはイズニーからです。

優しい味わいとしっかりとしたミルクの香りが特徴です。

やはりそのまま食べるのがおすすめと紹介されていますが、
個人的には調理に使うのが相性がいいと思っています。

強くソテーしたりすると優しい香りが台無しになるので
その際は安いバターでいいのですが、
イズニーのような優しく美味しいバターは

ソースの仕上げに加える。

のがおすすめです。

ブールブランソースやバタークリーム、
ワインソースなどのモンテ(油脂でソースに濃度を付けること)
に使うと非常に美味しいソースができます。

中でもこのバターを使ったブールブランソースの美味しさは異常です。笑

好みによっては発酵ではない普通のバターと
半々で使うのもいいですね。

是非お試しください。

ちなみにブールブランソースのレシピはこちら。
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

フランス料理のソース『ソースブールブラン』

エシレよりおすすめ!
ポワトゥシャラン産・パムプリー

次はパムプリー。

あの有名なエシレバターのすぐ隣のAOPです。

個人的にこのパムプリーは
パンと一緒に食べるのがおすすめです。

味わいはあっさりめでくどくなく、
それでいて
『ミルク感、コクがありバランスが良いバター』
だと思います。

私は店でもパンと一緒に
このパムプリーの有塩バターを提供しています。

さらに有塩バターは
最高級の塩『イル・ド・レのフルールドセル』
のみを使用しています。

あ、あとエシレよりおすすめってのは個人の意見です。
興味のある方は食べ比べてみましょう。

多彩なフレーバーが売り
ブルターニュ産・ボルディエ

最後はボルディエ。

シンプルなバターもいいですが、
フレーバー付きのバターも美味しいです。

『海藻』
『エスペレット唐辛子』
『柚子』
『バニラ』

などなど、面白いフレーバーが多数あります。

その中でも私が一番おすすめなのが、

燻製塩バター

です。

スモークの香りが食欲をそそる、
シンプルながらとても美味しいバターです。

そのままパンにつけて食べるのはもちろん、
料理の風味付けやハムサンドに使ったり
使い勝手も抜群です。

フランスの一流シェフも好んで使い、
私が働いていたフランスの1つ星レストランのシェフも
愛用していました。

個人的にもこの燻製塩バターは一番お勧めです。
店売りされていないのが残念・・・

終わりに

いかがでしたか?

バターやチーズなどの乳製品は
どれも輸送費と多額の関税がかかるので値段が高いですが
現地に行くとかなり安く買えます。

旅行に行った際のお土産にするのもいいですね。

ただ夏場は持って帰るのが大変かもしれませんが。

今後はこのバター以外にも
調味料や食材などもプロの目線から見たおすすめを
紹介していこうとおもいますので、
是非ご覧いただければと思います。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを
発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ