SOSAマルトセックでオイルをパウダーにする



皆様こんにちは、こんばんは。
いよいよ待ちに待った節分がやってきますね。
豆を全力投球するための肩は作っていますか?

さて本日は、ちょっとマニアックと言いますか、
変わった添加物を紹介します。

SOSAというスペインの食品メーカーの商品で、
『マルトセック』(マルトデキストリン)
というものです。
料理人の方はよくご存じだとは思いますが、
このマルトセックは油脂分を吸収する性質を持っており、
その性質を利用してオイルをパウダー化させたりできる面白い食品添加物です。

今回はこのマルトセックを実際に使ってみた写真と、
おすすめのオイルなどを紹介させていただきます。

オイルをパウダーにする

では早速マルトセックでオイルをパウダーにしていきます。

SOSAのホームページによると、
植物油に対して50~60%の量のマルトセックを加えるとパウダー状になると書いてあります。

今回は、30%、50%、100%の3パターンで試しました。

マルトセックはこんなパッケージです。
油脂はオリーブオイルを使用します。

【30%添加】

30%だとペースト状になります。
オイルの香りがしっかりと感じられ、くちどけも良いので
ピュレのように使いたい場合は20~30%ぐらいで使うのも良いと思います。
クロロフィルやビーツのジュなどを加えて色づけするのもいいかもしれませんね。

【50%添加】

ポロポロとした固まりになりました。
これをザルなどで濾せばパウダーとして使うことができます。
まだオイルの香りをしっかりと楽しめますし、
食感もしっとりとして不快な感じはありません。
オリーブオイルのように上品な香りを楽しむなら
50%ぐらいで使うのがちょうどいいでしょう。

【100%添加】

サラサラとしたパウダー状になりました。
細かいパウダーにしたければこれぐらい添加した方がいいのですが、
やはりオイルの香りがぼやけてしまいます。
マルトセック自体にわずかな甘みを感じるので、
オリーブオイルの場合は100%添加してしまうとちょっと別物のような味に感じてしまいますね。

食感はさらっとしていますがすぐに溶けるので、
これに関しては問題なく思います。

胡麻油やヘーゼルナッツオイル、バニラオイルなど、
香りの強いオイルをマイルドな風味にしたいときは100%添加にして
お皿全体に散らしたりすると、食べている合間にふわっと香る程度に
抑えることができます。

上記の写真は、マルトセックを100%添加した胡麻油を添えた
平鰺と胡瓜のお皿です。

ダイレクトにマリネなどで使ってしまうとくどくなるので、
マルトセックでまろやかにしてあります。


チョコレートもパウダー状に

ちなみにチョコレートも油脂なので、
マルトセックで固めることができます。

チョコレートに対して30%のマルトセックを添加すると、
サラサラしたクランブル状に仕立てることができます。

チョコレートの香りをそのまま楽しめるので、
クランブルのような食感とロースト香が必要なく、
純粋にチョコレートの香りが欲しいというときには重宝します。


終わりに

いかがでしたか?
このマルトセックは他にも様々な使い方ができ、
なかなか楽しませてくれる商品です。

是非お試しください・・・
と言いたいところですが、
このマルトセックは500g入りの物しかなく
でっかいバケツみたいな入れ物に入ってやってきます。
かなり邪魔になるので覚悟を決めてご購入下さい。笑

マルトセックじゃないマルトデキストリンはクッソ安いのですが、
同じように使えるのでしょうか・・・?
誰か試して教えてください(人任せ)
↓     ↓     ↓

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ