自家製フレンチドレッシングとマヨネーズのレシピ



皆様こんにちは、こんばんは。
バーガーキングに行きたいのに近所に無いからマクドナルドに行ってしまう現象に名前を付けたいと思う今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて本日は
『自家製フレンチドレッシング』
のレシピとそれに使うソースマヨネーズの紹介です。

市販のドレッシングがどうも口に合わない…
という方を時々見かけますが、このレシピを覚えておけばもうキュ●ピーのお世話になる必要はありません。
ぜひ自家製のフレンチドレッシングを作って良いサラダライフをお過ごしください。

では始めていきましょう。

自家製フレンチドレッシングのレシピ

  • 15g   ソースマヨネーズ
  • 30g   玉葱
  • 1g    ニンニク
  • 3g    ディジョンマスタード
  • 40g   白ワインビネガー
  • 250g  サラダ油
  • 2g    塩
  • 適量    白胡椒、又は黒胡椒

※白ワインビネガーはリンゴ酢に変えても美味しい。

※ソースマヨネーズのレシピと作り方は下記参照。

作り方

①全ての食材をミキサーに入れる。
玉葱、ニンニクはなるべく薄くスライスしておく。

②しっかりと全体が乳化して白っぽくなったら完成。
冷蔵庫で1~2日ほど寝かせると味わいがまろやかになってより美味しい。

置いておくとすぐに分離するので、使用前にしっかりと混ぜて乳化させてから使うこと。

ミキサーが無い時は?
ミキサーが無い場合は、まず玉葱とニンニクをすりおろして
そこにサラダ油以外の材料を全て加えてよく混ぜておく。
あとはそこにサラダ油を少しずつ混ぜながら加えて乳化させていく。


ソースマヨネーズのレシピ

  • 1個(20g) 卵黄
  • 15g    ディジョンマスタード
  • 10g    白ワインビネガー
  • 1g     塩
  • 180g   サラダ油

※サラダ油の量は目安。
状態によって必要な量が多少変わってしまうので
好みの固さになったらその時点で止めていい。

作り方

①サラダ油以外をボウルに入れてよく混ぜる。

②分離しないように少しずつサラダ油を混ぜていく。
このレシピはマスタードが多いので分離しにくいが、しっかり状態を見極めること。

③しっかり乳化し、ツヤが出てもったりとした状態になったら完成。
冷蔵庫で保存して1週間ほどを目安に使い切る。

マヨネーズが分離してしまった時は…

マヨネーズが分離してしまった時の対処法や、分離させないためのコツは別記事にまとめてあります。
ぜひ合わせてご覧ください。↓

分離した手作りマヨネーズを復活させる方法

23/10/2020

終わりに

市販のドレッシングもそれはそれで美味しいですが、余計な添加物を使わずにピュアな味わいの自家製フレンチドレッシングは野菜の味をしっかりと引き立ててくれます。
お好みでレモン汁やスパイス、醤油などを少し加えても美味しいですね。

他にも簡単な自家製のヴィネグレット(ドレッシング)やソースをまとめた記事を書いていますので、よろしければそちらもご覧ください。

フランス料理のソース『ヴィネグレット』

25/09/2017

種類別フランス料理のソースまとめ

27/07/2017

次回はこのフレンチドレッシングを使ったアレンジレシピを紹介します。

火入れなどの技術は必要なく、フレンチドレッシングに色々な食材を混ぜるだけでプロの味を再現できる、私の自慢のレシピとなっておりますのでぜひ次回もご覧ください。↓

フレンチドレッシングのアレンジレシピ

13/05/2019

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
美味しいカヌレ完全ガイド
プロの為のフォン・ド・ヴォライユ講座
なぜシェフなのに副業をするのか