バジルはデザートになる!『バジルのシャーベット』のレシピ



皆様こんばんは。こんにちは。お疲れ様です。

最近はお店が忙しくて夜すぐにばたんきゅーするため更新が全然できていませんが、
マイペースにほどほどにぼちぼちやっていきますので宜しくお願い致しまする。

さて、本日は夏にぴったりのシャーベットをご紹介致します。

レストランでは、お肉料理の前に少しお口直しとして提供したり、
アヴァンデセール(メインのデザートの前に出てくる小さいデザート)で提供したり、
もちろんメインのデザートに振りかけるのもアリな使える子です。

フルーツジュースなどを使って作られることが多いのですが
今回はちょっと変化球でバジルを使ってみます。

程よい青味と清々しい香りが魅力的な、私も大のお気に入りのレシピです。

では早速始めましょう。

バジルのグラニテのレシピ

  • 15g    バジルの葉
  • 250g   水
  • 60g    グラニュー糖
  • 15g    レモン汁
  • 10g    オリーブオイル

※オリーブオイルはリグーリアのアルドイーノEXVオリーブオイルを使用。
フルーティーな味わいでデザートやサラダなどに良く合う。

バジルのグラニテの作り方

①水とグラニュー糖を鍋に入れて火にかけ、グラニュー糖を溶かす。
溶けたら冷まして冷蔵庫でしっかりと冷やしておく。

②①で作ったシロップに残りの材料を入れてミキサーで回す。
回しすぎるとバジルの色が悪くなるのでほどほどに。

POINT
ミキサーの回転によって温度が上がってしまうと
バジルの色が悪くなってしまうので、ミキサーも冷やしておくのがベスト。

③ジップロック等の冷凍保存パックに薄く伸ばして冷凍庫へ。

④30分おきくらいに、揉み解したり叩いたりしながら凍らせたら完成。ウマー。

↑こんな感じです。
丁寧にしっかりと砕いてあげるともっとパラパラになります。

ちなみにフードプロセッサーがあれば薄くのばして凍らせたものを
そのまま粉砕してパウダー状にすることができます。


終わりに

バジルのグラニテと聞くとキワ物かと思われますが、
実際当店では殆どのお客様が絶賛されるほどの
一般受けも抜群なお味となっています。

あとバジルの代わりに、タイムやベルベーヌなどを使っても美味しいです。

これらを使うときは、シロップを作るときに一旦沸かして火を止め、
その中にハーブを入れて蓋をして5分程置き、
シロップに香りを移したらハーブを取り除いて冷やします。

その後の凍らせる過程は一緒です。
こっちのほうはミキサーを使わないのでよりお手軽ですね。

ちなみに今回のこのバジルのグラニテは当店では、
ミニトマトのコンポートやマンゴープリンなどに添えています。

トマトとバジルの相性の良さは言わずもがなですが、
南国フルーツとの相性も非常に良いです。

マンゴープリン、キウイのマーマレード添え

22/04/2019

簡単デザート『ミニトマトのコンポートのジュレ寄せ』

12/08/2017

皆様もこのアフリカの如く熱い夏を
ツンドラの様に冷たいグラニテを食べて乗り切ってください。

何言ってるかよくわからないと思いますが、
自分でもよくわからないので全く問題ありません。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ