醤油のアイスクリームのレシピ



皆様こんにちは、こんばんは。
スマホで『捨てられない』って打とうとしたら、
予測変換で『ステラおばさんのクッキー』って出てくる私のスマホはどうなっているのでしょうか。

さて本日は、
『醤油のアイスクリームのレシピ』
をご紹介します。

醤油を使ったデザートはネットなどで調べると色々出てきますが、
ご存知の通り醤油は非常に塩分が強いので、
作ってみると意外とバランスが難しかったりします。

なので今回は少しキャラメルを合わせて
醤油も焦がし醤油と生醤油の2種類に分けて使用し、
塩分と苦み、甘み、そして醤油の香りのバランスを調節してみました。

和・洋どちらの食材にも合わせられますので、
ぜひ色々なものに合わせてみてください。

では早速始めていきましょう。

醤油のアイスクリームのレシピ

  • 250g  牛乳
  • 250g  生クリーム
  • 125g  グラニュー糖
  • 30g   濃口醤油
  • 80g   卵黄
  • 1/5本  バニラビーンズ

※醤油は薄口よりも濃口の方が香りが強く、塩分も少ないので必ず濃口を使うこと。
今回は下総生しょうゆを使用。↓

作り方

①卵黄をボウルに入れ、グラニュー糖90gを加えて
ホイッパーで白っぽくなるまでしっかりとすり合わせておく。
残りのグラニュー糖はキャラメリゼするので必ず残しておくように。

②鍋に残りのグラニュー糖35gと少量の水(分量外)を入れ、火にかけてキャラメリゼする。

③グラニュー糖が軽く色づいたら火から外し、
醤油20gを加えてキャラメルの色止めをする。
残りの醤油10gは最後の風味付けに使用するので必ずとっておくこと。

④キャラメルの熱で香ばしい醤油の香りが出たら、
すかさず牛乳と生クリーム、バニラビーンズを加えて再度火にかける。

⑤牛乳と生クリームを加えるとキャラメルが凝固するので、
軽く混ぜながら弱火で加熱してキャラメルを完全に溶かす。

⑥キャラメルが完全に溶けたら一度沸かして❶のボウルに少しずつ混ぜながら加える。

⑦すべて混ぜ終えたら鍋に戻して、
ゴムベラで混ぜながら弱火で82℃まで加熱する。

⑧温度が上がったらシノワ(目の細かいザル)で濾して急冷する。

⑨完全に冷えたら残りの醤油10gを加えてアイスクリームマシンにかけたら完成。
キャラメルを使っているので少し柔らかめの扱いやすいアイスクリームになる。

おすすめはフレンチトーストとの組み合わせ。でらうま。↓

おわりに

今回は醤油を使用したちょっと変わり種のアイスクリームを紹介させていただきました。

おすすめの使い方は上記の通りフレンチトーストとの組み合わせなのですが、
他にもプリンやほうじ茶のブリュレ、モナカ、ビスキュイ生地などが好相性でしたね。

あと今回のレシピはキャラメルを使用し、
パコジェットが無くてもちょうど扱いやすい固さになるようにしたので
設備の少ないカフェやレストランでも状態良く使用していただけます。
ぜひ一度お試しください。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ