フランスの街並み01(ブルゴーニュ地方・ディジョン編)





皆様こんにちは。こんばんは。Salut。
気が付けばお盆休みが終わり鬱になりそうですが、こんにちは。

今日は番外編といいますか、料理関係ねーじゃん帰れよって言われるかもしれませんが
フランスの街並みの写真をいくつか紹介する回にしたいと思います。

私は1年間ワーキングホリデー的なやつでフランスに住んでいたので、
その時に旅行やら仕事やらで行った街の写真を載せていきます。

もし旅行とかなんちゃらで行かれる予定の方がいらっしゃいましたらイメトレ用にでも使ってください。

今回はフランスの首都、パリから南東の方角にあるブルゴーニュ地方のディジョンという街を紹介します。

歴史とか観光名所とかは面倒くさい&あまり知らないので紹介しません。悪しからず。
その辺は地球の歩き方をAmazonでポチって調べてください。

ディジョンの旧市街

私はディジョンの旧市街がすごく好きで、そこの広場近辺の写真しかなくて申し訳ないのですが、
フランス感溢れる街並みの中でカフェを飲みながら本を読むだけで満足!という方にはお勧めです。
まあやはり観光地なので騒がしいのはちょっとアレですが。

ディジョンは星付きレストランもいくつかあるので食を楽しむのもいいかもしれませんね。
ベルナールロワゾーのセカンド店とかもあったはずです。

あと完全に余談になりますが、ディジョンTGVの駅の目の前に某チェーン系ハンバーガー屋さんがあって
そこに食べに行ったのですが、私はフレンチシェフでありながらチーズが食べられないという
ファンキーボーイなのでチーズが入ってないメニューを選ぼうと思い、
タッチパネル式のメニューを片っ端から見ていきました。

しかし、あらゆるメニューの写真にはチーズが使われていました。
これは困った、帰ってやろうかと考えていたときに、
チーズを使ってなさげなチキンのサラダが目に入り
僥倖!僥倖!と心の中ではしゃいでそれを注文しました。

しかし、運ばれてきたサラダの上にはしっかりと削られたチーズが
私の事を嘲笑うかのように、堂々と鎮座していました。
結局チーズを避けてサラダを食べて店を出たのですが、
二度と来ねえと、勝手な怒りに支配されてディジョンの街を後にしました。

なにが言いたいかというと、チーズ嫌いな人がフランスでハンバーガー屋さんに行くときは
大人しくマクドナルド様かバーガーキング様に行きなさい。ということです。

ディジョンの街自体は素敵なので街に罪はありません。はい。

終わりに

私はほぼほぼ旧市街に滞在していたのですが、
旧市街を出ても大して観光するところはないので
私みたいにブルゴーニュで時間を持て余してぼーっとしたいときにでも行ってみてはいかがでしょうか。

観光目的なら同じブルゴーニュのボーヌの方が
なんちゃらかんちゃらごちゃごちゃしていて面白いと思います。

私はブルゴーニュ地方の某レストランで働いてたからなんとなく寄ってみたって感じなので
旅行でわざわざ行くかどうかは悩みどころです。

少しの写真だけですが、なんとなく雰囲気を感じ取っていただけましたでしょうか?

まとめると、
『綺麗でスタイリッシュな街並み』
『レストランもいっぱいあるし大都会』
『観光で見るところは大して無い』
こんな街だと思います。

フランス旅行の参考に少しでもなれば幸いです。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ