フランスの街並み03(シャンパーニュ地方・ランス編)





皆様こんにちは。そして再びこんにちは。

随分と涼しくなってきましたね。

新しいサンダルを買おう買おうと思っているうちに冬になってしまいそうな私です。こんにちは。

普段から物を買うかどうかで悩みがちな私は
9月中旬になってようやく水出しアイスコーヒーのポットを買いました。

6月頃から買うか悩んでいたのですが結局こんなに遅くなりました。

でもコーヒーが美味しいので私は満足です。すごくどうでもいい話ですね。はい。

さて、本題に入りますが本日はフランスの街並みシリーズの第三弾

シャンパーニュ地方・ランス編です。

ランスはシャンパーニュ地方の中心街でパリからTGVで1時間弱ぐらいなので
パリに拠点を構えている方でもとても行きやすい場所ですね。

ランス近郊には星付きレストランも多く点在しており
中でも三つ星のラシェットシャンプノワーズと
二つ星のシャトーレクレイエールは私が行った中でもトップクラスの素晴らしいレストランです。

ランスTGVの駅から徒歩5分ぐらいですぐに中心街に着きます。

生憎の天候でしたが中心街にあるシンボル的なやーつです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜の写真&街並みが分かりづらい写真ばかりですみません・・・
もっとちゃんと撮っておけばよかったです(´・ω・`)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは旧市街にあるル・ミレネールという一つ星レストランの写真です。↑
シンプルな料理でしたが味は素晴らしかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いての写真は中心街から少し離れますが
大手シャンパーニュメーカーのポメリーに訪問した時の写真です。

カーヴを案内してもらえたり、試飲もさせてもらえます。

ポメリーに限らず観光客向けの案内はたくさんあるのですが
基本的には要予約なので予め電話しておきましょう。

電話が怖ければ宿泊してるホテルから予約してもらえたりもするので聞いてみましょう。

街の写真が全然無くて申し訳ないですが
最後に三ツ星レストランのラシェットシャンプノワーズの写真をちらっと載せときます。

↑まずはサロンでシャンパーニュとアミューズ。
ここからすでに素晴らしい味。

フランスの三ツ星レストランはどこもアミューズが素晴らしく手が込んでいてしゅごい。
見習いたい。

↑客席。お察しの通りぼっちです。

↑料理はいたってシンプル。
トリッキーな事は一切していないが
良い食材をしっかりと調理した王道のフランス料理って感じのイメージでした。

↑ぼっちに対しても爆量のお茶菓子を出してくれる。まさに三ツ星クオリティ。

というわけで堪能してきました。

サービスもこんなよくわからない1人のジャポネに対してとても親切にしてくれました。感謝。

今回はレストラン紹介が主体になってしまいましたが
本当におすすめなので是非機会があれば行ってみてください。

ランスを含め、シャンパーニュ地方はシャンパーニュ好き
もしくはお酒好きな方は楽しめると思います。

逆に全く興味なければわざわざ行く必要もないかもしれません。

ランス駅前のバーガーキングに行って直帰するぐらいしかやることが無いと思います。

次回はローヌ=アルプ地方のロアンヌという街をご紹介します。

街というよりは世界的に有名なレストランのメゾン・トロワグロの紹介ですね。
(※2017年現在、トロワグロはウーシュという街に移転しています。)

次回もお楽しみに・・・

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。
Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。
宜しくお願い致します。
↓   ↓   ↓

YouTubeでフランス料理の技術動画を投稿しています。
こちらも是非ご覧ください。
【フランス料理のソースの盛り付け方】
◆人気記事◆
フランス料理のソース『ソースブールブラン』
料理人の給料、お金の話【料理専門学校生に伝えたい料理人の未来】
世界一美味しいテリーヌ・ド・ショコラのレシピ